健康や自然環境を意識したオーガニック・天然素材・無添加の食品・コスメ・日用品販売|Marco-Line

オーガニックの種から育てる発芽豆キット 青えんどう豆

価格: ¥1,349 (税込)
数量:
在庫:

オーガニックの種から育てる発芽豆キット 青えんどう豆

美容と健康に欠かせないビタミンやミネラルが豊富なスプラウト(もやしタイプ)が、ご自宅で手軽に栽培できます。 サンドイッチやサラダにトッピングしたり、グリーンスムージーにしたり、 面倒な調理要らずで手軽に毎日の食事に採り入れられるのもうれしい。

青えんどう豆

スーパーで見かける豆苗とは、1週間程栽培したエンドウ豆の苗のこと。実は、発芽2~3日の新芽でも美味。野菜の中でもトップクラスの食物繊維。美肌の味方ビタミンB群、代謝サポートのモリブデンも豊富な上、カロリー控えめなのがうれしい。ほんのり甘くサラダに合う。魚介と一緒に煮込むと味が染みて美味。

栽培方法

  • ①白キャップに水切り網をセットし、ガラス容器に種を一袋入れ、ふたをしっかり閉めます。
  • ②容器に入れた種を水道水で水洗いし(ふたの網部分から水いれ、水きりができます)、種の量の3~4倍の水に浸けて、8時間~12時間、適温の場所(18~22℃)におきます。
  • ③2日目、容器内の水を切り、種をよく洗います。水洗いしたら容器の中の水をよく切ります。水分がたくさん残っていると夏場は腐敗しやすいので注意。水を切ったら通気が良いように網を下に向けて置きます。深めの皿に斜めにたてかけて置くといいです。 
  • ④2日目以降は、水洗いと水切りを朝と晩の2回繰り返します。
    成長した頃に種の部分が殻として浮いてくるのでスプーンなどを使ってこまめに取り除きます。

水洗い、水切りの際は植物を傷つけないようにやさしく行ってください。
2~3日で収穫できます。収穫後はよく洗ってから、お料理にお使いください。

栽培時の適温

スプラウトの栽培適温は18~22℃(※)です。気温が低くなると生育が止まり、高くなると腐敗しやすくなります。夏場の暑い時期は、必ず涼しい場所に移動させて栽培するか、栽培を控えてください。

※冬場の一般的な室内温度

他にもこんな商品があります

search

賞味期限間近の食品 大特価セール賞味期限間近の食品 大特価セール

商品カテゴリ

商品カテゴリー

ブランドから探す

価格から探す

ページトップへ