健康や自然環境を意識したオーガニック・天然素材・無添加の食品・コスメ・日用品販売|Marco-Line

ハーレーダヴィッドソン 1947 サービカー 1/18 ミニカー トライク型サービカー MAISTOマイスト

価格: ¥2,750 (税込)
数量:
在庫:

ハーレーダヴィッドソン 1947 サービカー 1/18 ミニカー トライク型サービカー MAISTOマイスト

ハーレーダビッドソンならではのチョッパースタイルハンドル仕様であり、デリバリーなどに使われた珍しいハーレーのトライク型サービカーを再現したモデルカー。車両は本物のビンテージハーレーと言われた1947年のナックルヘッド。

商品説明

  • <スケール> 1/18
  • <材質>ダイキャスト製

ナックルヘッド誕生から生産終了まで

世界恐慌が起き、アメリカのモーターサイクル市場も、また甚大な打撃を受ける。ハーレーの販売台数も大幅に減少するが、起死回生のため新型エンジンの開発に全力を傾ける。そして、ついに1936年 ナックルヘッドと称されるエンジンを誕生させる。

【1930年】

世界恐慌の嵐が吹き荒れるこの年、フラットヘッドエンジン搭載の新型マシン「30VS」を登場させる。その翌年、自動車業者や修理工場のサービスマン用の3輪バイク「サービカー」を発売。しかし新型発売の数ヶ月前に世界恐慌が起き、ハーレーは大幅に生産が減少していく。

【1936年】

競合でありエンジン開発で先行を許したインディアン社に負けじと新型エンジンの開発が命題となったハーレー社。この時代を覆い尽くした大不況を生き残るべく、満を持して最新技術を投入し、ウイリアム・S・ハーレーと名レーサー、ジョー・ぺトラリによって開発されたオーバーヘッドバルブエンジン。

ナックルヘッドの誕生

シリンダーヘッドの上に乗るロッカーカバーの形状が握り拳のようなことから、「ナックルヘッド」と称され、新しいダブルループフレームに搭載された。フレームはリジッドでフロントフォークはスプリンガー。以降、ハーレーダビッドソンのエンジンはオーバーヘッドバルブ方式を採用し続ける。 さらに流線型のタンクとフェンダーは斬新的なスタイルで、ファンから熱く迎えられた。

【1938年】

当時としては、 排気量988cc、40ps/4,500rpmという驚異的なパフォーマンスを叩き出す。最大の特徴は、バルブトレインにオーバーヘッドバルブ方式を採用し、排気量は61キュービックインチ=1000ccのままで、ナックル前のエンジンであるサイドバルブと比較し出力は2倍を優に超える。 目を見張る性能ゆえに、ついにはカリフォルニア・ハイウェイ・パトロールに採用される。

【1939年】

第二次世界大戦が勃発。当初、中立の立場を保持していたアメリカも、徐々に世論の後押しを受けたこともあり参戦。ナックルヘッドを主力に確実に販売台数を伸ばしていたハーレーも、一般向けより軍用車の生産をすることになる。

【1947年】

1945年に第二次世界大戦が終結し、戦火を乗り越え再び世界が落ち着きを取り戻しつつある頃、一般向けにハーレーは、オプションパーツやグッズの販売に注力していく。またこの年をもって、ナックルヘッド搭載モデルの販売を終了する。

ナックルで始まったエンジンの基本は、ハーレーダビッドソン創業100年以上経った現代においても脈々と継承され続け、今日でも多数のハーレーファンを魅了し続けてやまない。

トライク型サービカー

トライクは、「英: tricycle トライサイクル」の短縮形でありトライサイクル(=トライク)は基本的に三輪の乗り物を指す。米国のハーレーダビッドソンは1931年からハーレーダビッドソン サービカー(英語: Harley-Davidson Servi-Car)を製造。現在の3輪トライク:3輪車のルーツとなった。 差動装置付きの後輪2輪で駆動する構成での1名乗車で、後軸の上に大きな荷台を設けた。

ハーレーダビッドソンサービカーは自動車工場のサービスマン(整備者)の業務用車両として設計された。他にも小口配送や移動販売、警察官のパトロール用、メンテナンスなどの業務で、大型トランクを装備し 荷物、製品、機械部品や工具などを運搬し、手軽な移動手段として利用された。

他にもこんな商品があります

search

賞味期限間近の食品 大特価セール賞味期限間近の食品 大特価セール

商品カテゴリ

商品カテゴリー

ブランドから探す

価格から探す

ページトップへ